瞑想、ヒーリング、意識の拡張、そして創造
記事

エッセイ

魂、ハイヤーセルフ、ヴァイブレーション

アセンションするにはヴァイブレーションを上げる必要がある。 ヴァイブレーションを上げるには、高位我=ハイヤーセルフ、あるいは魂=ソウルと意識的に繋がることが役立つ。 現時点においては、ハイヤーセルフとソウルは似たようなも …

オープン・マインド

意識には二つの状態がある。それは瞑想的な意識状態と、日常的な意識状態の二つだ。 その二つは完全に分離しているわけではなく、本来はひとつのものである。どの意識状態も電磁波のスペクトルのように連続的に繋がっている。 しかし紫 …

面白さの二つの様相

面白さには二種類ある。 それは『ドーパミン的面白さ』と『セロトニン的面白さ』などと対比して表現することができる。あくまで雰囲気的な表現ではあるが。 前者を、『感情と思考に由来する面白さ』と表現でき、後者を『存在することそ …

二極性を離れる

意識がある臨界点を超えて成長するとき、二極性を離れようとする運動が始まる。 二極性とは善悪や苦楽など、対立する二極に物事が分化した状態である。 二極性を離れようとするときに注意すべきこととして以下の点があげられる。 それ …

二種類の娯楽

娯楽を二種類に分けることができる。 上下運動による娯楽 存在することによる娯楽 『上下運動による娯楽』は、何らかの種類のアップダウンによって面白さを作り出す。 物語を例にとると、そこでは苦楽をアップダウンの軸とすることが …

真の現世利益を求めて

瞑想やヒーリングの目的は現世利益を得ることである。 現世利益を得るとは、今、存在しているこの自分にとって、何かしらの良いものを得ることである。 人は皆、現世利益を求め、それを得ていく必要がある。 問題はいかにして質の高い …

継続の効果

物事を正しく継続したとき、その領域でエゴが薄くなるという効果が生じる。 逆に言えば、間違った意図を持って物事を継続したとき、その領域でエゴが厚くなる。 エゴが薄くなった領域ではさまざまなポジティブな効果が生じる。 新しい …

心の調律

 『ゆとり』という心理的エネルギー 前回、前々回と、心の中に『ゆとり』を増やす方法について書いてきた。 『ゆとり』とは高いヴァイブレーションを持った心理的エネルギーのひとつである。『ゆとり』以外にも、さまざまな高ヴァイブ …

ゆとりについて.その2 アクティブにゆとりを育む

前回の記事では『断捨離』によってゆとりを生み出すことについて書いた。 今日は断捨離とは別の方向性で、ゆとりを生み出すワークを考えてみたい。 断捨離的な、いらないものを捨て、スペースを空けることによってゆとりを生み出すとい …

ゆとりについて

世界と心の仕組み 人の心の中には心理的エネルギーが渦巻いている。そのエネルギーの質には恒常性がある。 暗い人は暗い質のエネルギーを発し続ける傾向があり、明るい人は明るい質のエネルギーを発し続ける傾向がある。 人が心の中に …

1 2 3 21 »
PAGETOP
Copyright © Portal of Light All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.