記事

真の現世利益を求めて

瞑想やヒーリングの目的は現世利益を得ることである。 現世利益を得るとは、今、存在しているこの自分にとって、何かしらの良いものを得ることである。 人は皆、現世利益を求め、それを得ていく必要がある。 問題はいかにして質の高い …

継続の効果

物事を正しく継続したとき、その領域でエゴが薄くなるという効果が生じる。 逆に言えば、間違った意図を持って物事を継続したとき、その領域でエゴが厚くなる。 エゴが薄くなった領域ではさまざまなポジティブな効果が生じる。 新しい …

心の調律

 『ゆとり』という心理的エネルギー 前回、前々回と、心の中に『ゆとり』を増やす方法について書いてきた。 『ゆとり』とは高いヴァイブレーションを持った心理的エネルギーのひとつである。『ゆとり』以外にも、さまざまな高ヴァイブ …

ゆとりについて.その2 アクティブにゆとりを育む

前回の記事では『断捨離』によってゆとりを生み出すことについて書いた。 今日は断捨離とは別の方向性で、ゆとりを生み出すワークを考えてみたい。 断捨離的な、いらないものを捨て、スペースを空けることによってゆとりを生み出すとい …

ゆとりについて

世界と心の仕組み 人の心の中には心理的エネルギーが渦巻いている。そのエネルギーの質には恒常性がある。 暗い人は暗い質のエネルギーを発し続ける傾向があり、明るい人は明るい質のエネルギーを発し続ける傾向がある。 人が心の中に …

目覚めと認知の歪み

『目覚める』とは、自分の中にある認知の歪みを認識し、それを解除し、書き換えることができるようになることである。 これをするにあたっては、自分の中にある魂的な部分、霊的な部分などの高次元レイヤーと、この日常の自分を接続する …

スピリチュアル・アウェイクニングについて

スピリチュアル・アウェイクニングについて スピリチュアル・アウェイクニング、日本語で書くと霊的覚醒である。 それを体験する者の内面ではかつてない宇宙的なドラマが持ち上がる。 そのドラマは客観的に激しい動きを見せる時もある …

苦闘を手放す

昭和的世界観、少年漫画的世界観というものがある。 それは、『望みのものを手に入れるためには、努力、根性、苦しい戦いを乗り越えねばならない』という観念に基づいた世界観である。 この世界観に基づき、あまたの少年漫画の主人公は …

軽いエネルギーを選ぶ

この「自分」という存在を、ひとつのエネルギー処理装置として捉えることができる。 それは入力されたエネルギーを、より精妙なエネルギーか、より粗雑なエネルギーに変換して出力する。 入力されたエネルギーを、精妙なエネルギーに変 …

目に見えないエネルギー

瞑想やヒーリングやその類の内面のワークを行う過程で、目に見えないエネルギーに対する感受性が高まり、それを直接的かつ意識的にに扱うことができるようになっていく。 ちなみに、目に見えないエネルギーを、間接的かつ無意識的に扱う …

1 2 3 27 »
PAGETOP
Copyright © Portal of Light All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.